アレンジレシピ

無水ミネストローネ活用術レシピ④「バケットピザ」

やんやん

こんばんは、やんやんです。

今日は無水ミネストローネを使って作る、バケットピザをご紹介します。

ミネストローネバケット

今日のレシピのおすすめポイント

作り方はレシピをおすすめするポイントは3つです。

  • ピーマン切ってパンの上に全て乗せてトースターで焼くだけ!の簡単調理
  • 調理時間は10分かからないくらいの超クイックメニュー
  • トースターだけで完結するので、調理器具の洗い物もほとんどなし

夕食はもちろん、お昼ごはんや子供のおやつなどにもピッタリな簡単・お手軽メニューです。

子供が「ゴハンマダー?」状態になっちゃった時にも手早く対応できる強い味方 笑

わが家でもついつい食べたくなってしまう一品です♪

バケットピザの作り方

材料紹介

それでは材料紹介です。

準備する材料の中で、無水ミネストローネは事前に作ってご準備ください!

無水ミネストローネの作り方はコチラから!

【アレンジ有】作り置きに最適な具沢山スープ「ミネストローネ」教えます やんやん こんばんは、やんやんです。 毎日忙しいから、手の込んだ手作り料理なんて作れない! 外食に頼ってばっかりで...

分量:2人前

  • バケット 1本
  • 無水ミネストローネ 200g
  • ピーマン 1個
  • シュレッドチーズ お好み

チーズはお好みの量としましたが、お勧めはもちろんたっぷりです!

バケットから少々こぼれても良いように、トースターで焼くときは天板(オーブントースタートレー)にアルミホイルを敷いておけばトースターが汚れませんよ。

作り方

①バケットを食べやすい大きさにカット。ピーマンは輪切りにしておく。

バケットを家で切るのが面倒なら、購入する時にパン屋さんでお願いすると好みの厚みにカットしてくれるお店が多いですよ。

②バケットにミネストローネ、ピーマン、チーズの順番に乗せて、トースターで焼く

③チーズに軽く焼き色がついたら完成!

ミネストローネ終盤戦おすすめのメニュー

作り置きして数日すると、水分も少なくなってきて、スープというよりは「ぼてっ」とした具材のようになってきます。

実は、このバケットピザを作るにはこうなってからが狙い目!

パンに乗せてもこぼれにくく、食べやすい状態がベストです!

むしろ前半戦の水分が多い状態はこのメニューは不向きなのでお気をつけください。

パンに乗せて垂れてしまうようなら、鍋にとって加熱して水分を少し飛ばして調整しましょう。

おつまみとしても大活躍

食事としてはもちろん、ちょっとしたおつまみとして赤ワインなどのお酒と併せるのもgood!

バケットの切り方は、

  • 食事としてなら厚めにして食べ応えを出す
  • おつまみとしてなら薄めにして味をしっかり感じられるようする

という風に、用途によってパンの厚みも調整してみてくださいね!

「二度焼き」することでより香ばしく

前述の通り、水分がかなり飛んだときにお勧めしたいメニューです。

しかし、それでも元は「スープ」ですので、多少水分がパンに染み込んだ感じになります。

これはこれでパングラタンのようで美味しいのですが、

せっかくのバケットなのでもっとクリスピーにしたい!

という場合には、「二度焼き」をお勧めします

やり方は簡単です。

具材を乗せる前にパンだけで少し周りがカリッとなるまで焼いてください。(一度焼き)

その後バターを薄く塗って、後の工程は「作り方」の手順通りに具材を乗せて焼ていきます。(二度焼き)

表面はカリッと、そしてバターを塗ったことで水分がパンに入っていくのを少し軽減することができます。

ちょっと手間がかかりますが、こだわる人は試してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「バケットとミネストローネで別々に食べれば良いじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、

やはり料理としての完成度は格段に上がります!

こういう一手間をかけることで、作る側も食べる側も幸せな気持ちになれますよね♪

簡単に作れますので、ぜひ試してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。